闇金からの電話を着信拒否しても意味はない

闇金と言えば様々な違法な取り立て行為が特徴ですが、もし闇金からお金を借りてしまったなら注意をしましょう。良くあるケースは、自宅への電話です。しっかりとお金を返しているかどうかはあまり関係がなく、とにかく嫌がらせの行為が多くあります。電話が毎晩のように鳴ると、やはり精神的に辛くなってくるので、一般的には着信拒否します。しかし、闇金からの電話を着信拒否しても意味はありません。そもそも、着信拒否をしても自宅の住所がばれてしまっているので、その次は自宅にやってくるだけです。むしろ、素直に電話に出ている方がましだったりします。どのような違法行為でも、何かをされた時は証拠を集めておきます。そして、裁判を起こしましょう。裁判を起こすことが出来ない時は警察へ行きます。警察へ行くときは近所の警察、そして闇金の店舗がある地域の警察と両方に情報を提供しましょう。違法行為をしたら悪徳会社もまともに営業をすることが出来なくなります。

お金を借りる。違法な闇金の踏み倒しは合法か

事業としてお金を貸す貸金業を営む場合には貸金業法に則って登録を行う必要があります。これらの登録を行わずに貸金業を営む者は無登録貸金業者または闇金と呼ばれます。闇金は存在そのものが違法であり営業を行なっている場合には処罰の対象となります。かつては罰則もゆるく取り締まりもあまり行われてこなったこともあり、登録貸金業者と同じように店舗を構えて営業をしている無登録貸金業者も多くありましたが、現在は罰則が厳しくなり取り締まりも強化されたため、店舗を構えて営業している無登録貸金業者はほぼ居なくなりました。しかし、それでも携帯電話などを使って営業している闇金業者は存在し続けています。闇金業者は、存在そのものが違法ではありますが、貸金の契約については有効なため原則として借りたお金は返す必要があり、違法な存在だからといって借りたお金すべてを踏み倒しできるものではありません。しかし、一部では存在そのものが違法なのだから踏み倒しが出来ると思われていますが、実際のところは踏み倒しではなく違法な金利分は請求されないというものです。そのため、元本を返しきれていない場合には、例え闇金であっても返済する義務を借りた側にはあります。

闇金でおこなわれる債権譲渡ってなんですか?

闇金では債権譲渡ということもよくおこなわれています。ある闇金融から債権譲渡された新しい債権者は、債務者に対して返済をせまり、取り立てを行います。怖いのは、取り立て方法というのは基本的に貸金業規制法で規制されていますが、債権譲渡された新しい債権者はそれを一切無視した強引な取り立てを行うことが多いことです。譲渡された新しい債権者は執拗な取り立て以外に、あたらに金利を高くしたり支払期限を短縮したりすることもできます。ですのでいきなり債権者が変わって金利などがそれまでより厳しくなり途方に暮れる債務者も多くいます。闇金融は取り立てだけを他の業者に依頼することもありますが、このように債権そのものを譲渡してしまうことも多いです。取り立てだけを他の業者に任せる時は、回収できた分だけの歩合になりますが、債権もすべて渡してしまいますとすべてが変わってしまいますので、できれば法律の専門家に相談して何かしらの対処をする方が賢明です。